幅広い年齢層に愛されるもの〜それがラジコン

  • 2012/07/12(木) 12:50:14

ラジコンとは何か?

はまってしまうラジコンの面白さ

ラジコン名人になれる!!ラジコンカーにおける驚愕のテクニック


えっ!?こんなものまで!!続々登場する多種多様なラジコンの種類


実はラジコンマニアだったわたしのラジコン知識を余すことなくお伝えいたします!



上はお爺さんの世代から、下は子供の世代に至るまで

幅広い年齢層から愛されているものがあります。



それは...



ラジコンです。





なぜこれほどまでにラジコンが愛されているのでしょうか?


またラジコンとは何でしょうか?





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


入 門 編



〜ラジコンとは?〜



ラジコンとは『ラジオコントロール』の略称で、無線において遠隔操作をしながら操縦する玩具のことです。



主に、“F−1カー”をモチーフにしたものが主流となっております。


『ラジコン=車』のイメージが強いと思われます。






〜ラジコンの魅力について〜


ラジコンの一番の魅力はやはり、『様々な乗り物をどの年代でも操縦できる』という事でしょう。

特別な免許やライセンスが必要なレーシングカーやジェット機を、子供が操縦できるというのは、『夢』そのものではないでしょうか。

また、自分の好みにそって『チューニング』※できるというのも魅力の一つです。

ラジコンカーについて言えば、スタート直後の速さや直線のノビを追求する事も可能ですし、コーナリングを重視した設定にもできます。


これは、ラジコンの醍醐味といえます。

全くの自作ラジコンを作成することもできますので、ラジコンに対する欲求を満たすこともできます。

※チューニングとは、既存の部品を取替え、性能を上げること。簡単に言えば改造とも言えます。





〜パーツについて〜


では、実際に自分のラジコンを購入してみましょう。箱を開けてみるとプラモデルの骨組み見たいのが入っております。これが『パーツ』です。このパーツをニッパーやラジオペンチ等で丁寧に切り離してください
(怪我のおそれがありますので、お子さんは親に切り取ってもらいましょう。)

切り取る際に雑にやってしまうと完成後の見栄えが悪くなります。また、動力部においては動かないといった事もあり得ますので、細心の注意をはらいましょう。仕上げにニスやラッカー等を塗ると傷も付きにくくなりますし、綺麗に仕上がります。



by sakatam


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



中 級 編



〜動かしてみよう〜


 無事に完成したら、実際に操縦してみましょう。操縦するにあたって肝心となるのは、いかにコントロールできるかです。

最初はゆっくり前進や後退など繰り返し、慣れてきたら、円を描くように動かしたりしましょう。いきなり全速力で操縦するとせっかくのラジコンを破損させる事になります。

また操縦する場所も公園の広場など安全な場所で行ってください。ただし、公園に決まりがる場合はその指示にしたがいましょう。また、駐車場や路地などの危険ですので、操縦するのはやめましょう。




〜チューニング〜


慣れてくると、自分好みのラジコンにしたいと思ってくるでしょう。

入門編で触れたチューニングをしてみてはいかがですか?チューニングパーツは模型店で購入される事をおすすめいたします。量販店やデパートでもパーツは在庫しておりますが種類はそれほど多くはないと思われます。模型店(できれば男性の方が店長)では店長がアドバイザーとなってくれるというメリットもあります。また玄人好みのパーツや滅多に見られない様なパーツをおいている場合もあります。

自分の理想を追求しながらチューニングをしてみてください。そして、ラジコン仲間と競ってはいかがでしょうか。



by sakatam




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



上 級 編




〜驚愕のテクニック〜


 チューニングをしても、中々仲間に勝てないと思ってはいませんか?仲間に勝つためには『テクニック』が必要になってきます。その一部を紹介いたします。(レーシングカーにおいて)


グリップ走行

グリップ走行とはコーナリングの基本動作です。車は走行中地面を捉えようとする力が働きます。それにより横滑りが抑えられます。これをグリップといい、それを効かせたままコーナーにはいると、大きく膨らまずに走行できます。
しかし、減速をしないとグリップが効きすぎて車体が横転する可能性もありますので、コーナーに入る際には『スローインファーストアウト』(減速してカーブに入り、早くカーブを抜ける)を心掛けましょう。


ドリフト走行

 先ほど学んだグリップ力はタイヤの摩擦で発生する力なので、タイヤが急停止するとグリップ力は失われます。ドリフト走行は、なくなったグリップ力を利用してコーナーを回る技術です。
 


…実際のやり方…

 実際の車においてのドリフト走行は、『コーナーの手前でサイドブレーキでタイヤを急停止させる→タイヤが空転し始めたら曲がる方向にハンドルを切る→車体の後部が流されてきたらハンドルを逆に切る→ハンドルを微調整しながらコーナーを抜ける』というのが一般的なやり方です。ラジコンでもそのままやるとドリフト走行になります。ラジコンカーのドリフト方法についてはhttp://rc-j.org/html/02drift.htmlにも、掲載されておりますが、ラジコンカーにはブレーキがありませんので、『スロットルを一瞬入れない。もしくは、バックに入れる』という操作でブレーキがわりにしなければなりません。それから、『ハンドルを曲がる方向に入れ→カウンターをかけながらハンドルを逆に切る』という操作になります。あとは練習を続けてマスターしてください。(裏技)どうしてもドリフトが上手にいかない場合は、溝のないつるつるしたタイヤに取り替えてみてください。タイヤが滑りやすくなります。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




番 外 編



〜様々なラジコン〜


ラジコンはレーシングカーだけではありません。最近ではこんなのも発売されております。

●ラジコンヘリコプター
  …屋外が専門のラジコンが多い中、比較的安価で室内でも遊べるタイプのラジコンです。
   操縦は難しめです。

●ラジコンボート
  …お風呂でも遊べます。実際に川や池等で操縦する事も可能です。魚を釣ることもできます。

by MJ/TR (´・ω・)

●ラジコン潜水艦
  …実際に水中に潜ることも水面を走行することもできる本格的な潜水艦型ラジコンです。
   川や池などで操縦できますが、水中に藻や石があると、絡まり水面に上昇しなくなるというリスクもあ
   ります。操縦はかなり難しいですが、それを上回るスケールと楽しさは兼ね備えております。



他にも二足歩行のラジコンや戦車タイプもありますので、ぜひご自分の目で確かめて趣味の幅を広げてください。